【ふるさと納税】シャインマスカット 1kg 2房 6000箱限定

日本には数多くのぶどう産地がありますが、その中でも西日本有数の産地があることをご存知でしょうか。それは、宇佐市安心院盆地と呼ばれる場所です。

ここは、朝夕の気温差が激しく深い底霧に包まれる風土が特徴で、その環境がぶどうの栽培に適しているのです。

 

そんな安心院盆地は、標高120~330mの丘陵地帯に造成されたぶどう団地を中心に、半世紀以上にわたって生産者の熱い思いと情熱が守り続けられています。

今回は、この西日本有数のぶどう産地のシャインマスカットについてご紹介します。

 

司馬遼太郎も絶賛した安心院盆地の魅力とは?

安心院盆地は、深い底霧に包まれ朝夕の気温差が激しい風土であるため、西日本有数のぶどう産地として知られています。

標高120~330mの丘陵地帯に造成されたぶどう団地を中心に、栽培面積160ha、約170戸の生産者が年間1,300tものぶどうを栽培しています。

昭和41年、「西日本一のぶどう団地」をスローガンに産地が育成されて以降、半世紀にわたるぶどう生産者の思いと熱き情熱が今も引き継がれています。

 

司馬遼太郎もこの盆地の広がる素晴らしい景色と、健やかなぶどうの実に感動し、絶賛したそうです。

また、この地域のシャインマスカットは、甘さとシャキッとした食感が特徴的であるため、是非一度味わってみて欲しいです。

朝夕の気温差が激しい風土が生む、宇佐市安心院盆地のシャインマスカットの美味しさとは?

宇佐市安心院盆地のぶどうは、深い底霧に包まれ朝夕の気温差が激しい風土が特徴的で、この風土がぶどうの栽培に適しています。

この風土の影響により、シャインマスカットは甘さとシャキッとした食感を持つ美味しいものとなります。

 

また、安心院盆地は西日本有数のぶどう産地であり、約170戸の生産者がおよそ1,300tものぶどうを栽培しています。

半世紀にわたり生産者の思いと情熱が引き継がれ、シャインマスカットの品質が維持されています。朝夕の気温差が激しい風土が生む美味しさは、ぜひ味わってみてください。

 

【ふるさと納税】シャインマスカット 1kg 2房 6000箱限定の口コミ

毎年の楽しみ

毎年注文させていただいております
今年は5月上旬注文で8月下旬に届きました
去年は3ー5房の商品がありましたが
今年は取扱がなくなっていて残念でした
マスカットは例年通り大粒で甘くて
大変美味しかったです
また来年も絶対リピートします

50代 男性

 

とにかく甘い。リピ確定!

旬が過ぎて終わり近いのであまり良くないかなと思っていましたが、実が大きくて甘さも歯応えもバッチリ。計ってみたら一房560グラム以上ありましたし、文言に偽りもなく大満足です。また来年もお願いすると思います。

30代 女性

 

来年も早期にリビートします!

昨年、数箇所の返礼品で頂いたシャインマスカットの中で1番美味しかったので、今年もリビートしました。
5月初旬に納税して8月下旬に届きました。人気の返礼品なので早めにして正解でした。
今年も数箇所の自治体のシャインマスカットが届くので、お店では買わずに我慢していましたが、初シャインマスカットを美味しく頂くことが出来ました。

20代 女性

 

 

【ふるさと納税】シャインマスカット 1kg 2房 6000箱限定はこちらから>>

おすすめの記事